アーチェリーの東京五輪代表2次選考会が21、22の両日、静岡県掛川市のつま恋リゾート彩の郷で開かれる。男女各8人が出場し、初日で6人、最終日に5人に絞られる。中国地方ゆかりの選手は、ロンドン五輪代表の菊地栄樹(エディオン)ら男女5人が第2関門に挑む。

...    
<記事全文を読む>