道は18日の道議会予算特別委員会で、今夏開幕する東京五輪の期間中、現在閉鎖中でマラソン競技のコース沿いにある赤れんが庁舎を一般公開することを明らかにした。マラソンの開催日には道内の子どもを招き、間近で観戦してもらう。

 赤れんが庁舎は昨年10月以降、改修のため閉鎖しているが、男女サッカー予選が始まる7月22日から五輪最終日の8月9日は特別に開放する。マラソンが実施される8月8、9両日には道内のスポーツ少年団に所属する子どもたちを招き、競技を観戦してもらう。

...    
<記事全文を読む>