秩父市大滝の自転車競技施設「秩父滝沢サイクルパーク」に、悪路を自転車で走り抜ける競技マウンテンバイク(MTB)のコースが、リニューアルオープンした。MTBは東京五輪の正式種目の一つ。県内唯一の本格的なコースとして、多くの愛好者から注目されている。

 新コースは長さ約一キロ。ダム湖のそばの傾斜地にある非舗装路で、アップダウンやきついカーブが連続する。上った高さの累計を示す獲得標高は約六十メートル。従来は長さ約二百メートルのコースだったが、自転車競技の第一人者でインストラクターの高山一成(かずしげ)さん(30)=同市=が、重機などを使って造成した。

 秩父滝沢サイク...    
<記事全文を読む>