岡山県スポーツ協会は16日、岡山市内で理事会を開き、総額3億7093万円の2020年度予算案や事業計画案などを了承した。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、24日に予定していた臨時評議員会の中止とともに、書面による評議員の過半数の同意をもって予算や事業を執行できるようにする関係規定の改定も決めた。

 20年度予算案では、競技力向上を図る選手育成・強化事業費に1億421万円を計上した。全国的に新型ウイルス感染者が増加する中、玉野スポーツセンター(玉野市)の4月の合宿利用の見込みを4500人からゼロに引き下げたのに伴い、宿泊事業収入は19年度から845万円減額した...    
<記事全文を読む>