本県広域を舞台とする自転車ロードレースの国際大会「ツール・ド・とちぎ」実行委員会(喜谷辰夫(きだにたつお)会長)は16日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う自転車競技連合(UCI)の要請を受け、20~22日に無観客で開催する予定だった第4回大会を中止すると発表した。2017年から開催されてきた大会は終了となる。喜谷会長は同日に県庁で開いた記者会見で「中止は残念だが、情勢を踏まえればやむを得ない」と話した。

 大会開催を巡って、実行委は政府から最初に出されたスポーツイベント自粛要請の期間外にあたることから、2月27日に「予定通り実施する」と発表。今月5日には感染拡大防止のため...    
<記事全文を読む>