2024年のパリ五輪出場を目指す福井県勢を後押ししようと、福井県は選手の就職先企業に給与を補助する制度を設ける。県内には実業団チームが少なく、大半の選手が企業で働きながら競技に取り組む。企業の負担を県が肩代わりすることで競技専念が可能になり、「トップアスリートの定着やスポーツ界全体の底上げにつながる」(県保健体育課)としている。

 2020年度は企業と選手のマッチングを進める期間に充て、補助は21年度に始める。金額は大学新卒と同等の月約20万円。活動費は別に支援する。対象は5人程度を見込む。パリ五輪後も社員として雇用を継続し、選手のセカンドキャリアを保証する。対象人数の拡大...    
<記事全文を読む>