選手の強化や育成に秀でたスポーツ指導者らをたたえる本年度の「ミズノスポーツメントール賞」に、ホッケー女子のソニーHCの永井祐司監督が選ばれた。永井監督は「皆さんの指導のおかげ。今後も日本ホッケー界のために精進したい」と受賞を喜ぶ。

 永井監督は男女の日本代表監督、コーチに就任した実績を持ち、女子では2012年のロンドン五輪でコーチ、16年のリオデジャネイロ五輪は監督として指揮を執った。

 ソニーでは約20年前からコーチを務め、07年に監督就任。日本女子が五輪初出場を果たした04年のアテネからリオまでの4大会に多数の選手を送り込み、その高い指導力などが評価された。...    
<記事全文を読む>