バドミントンの全英オープン第2日は12日、英国のバーミンガムで各種目の2回戦が行われ、女子シングルスで世界ランキング3位の山口茜(再春館製薬所)が、同4位の奥原希望(太陽ホールディングス)とともに東京五輪出場を確実にした。ともに2大会連続出場となる。

 初出場した2016年リオデジャネイロ五輪から4年。山口にとって葛藤とも戦った末の2度目の五輪切符だった。

 3歳からラケットを握り、福井・勝山高を卒業するまでバドミントンは趣味の要素が強く「全力で戦って楽しければ負けても仕方ないと思っていた」。高卒1年目で臨んだリオ五輪も準々決勝で奥原に敗れて涙を流したが、悔いは...    
<記事全文を読む>