バドミントンの混合ダブルスで東京五輪出場を確実にした渡辺・東野組。2人は中学時代に原発事故で富岡町から避難、猪苗代町で避難生活を送る逆境の中で大きく成長した。指導した恩師らは吉報を喜び、五輪での活躍を願った。

...    
<記事全文を読む>