バドミントンの全英オープンは11日、英国のバーミンガムで開幕して各種目の1回戦が行われ、女子ダブルスの永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)、福島由紀、広田彩花組(アメリカンベイプ岐阜)、高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)が順当に2回戦に進んだ。

 混合ダブルスで2年ぶりの優勝を目指す渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)は韓国ペアを2―0で下し、東京五輪出場を確実にした。

 女子シングルスは4年ぶりの頂点を狙う奥原希望(太陽ホールディングス)や山口茜(再春館製薬所)らが勝ち上がり、男子ダブルスの園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)らも初戦を突破...    
<記事全文を読む>