東京五輪の出場枠が懸かるボクシングのアジア・オセアニア予選は11日、アンマンで行われ、男子ウエルター級の岡沢セオン(鹿児島県体協・日大山形高出)が五輪出場を決めた。5位決定戦を制し、この階級で日本の出場枠を獲得。日本ボクシング連盟の規定で代表に決定した。県勢の東京五輪出場確定は初めて。

 予選での男子ウエルター級の出場枠は5。岡沢は中国選手に5-0で判定勝ちして代表入りを決めた。同連盟は出場枠を獲得した選手を代表とする選考基準を示している。県勢は東京パラリンピックで、パラ競泳の東海林大(三菱商事・山形市)とパラテコンドーの太田渉子(ソフトバンク・尾花沢市出身)が代...    
<記事全文を読む>