◇W杯予選は新型コロナで延期

 ホッケー女子U21のジュニアワールドカップ(W杯)アジア予選へ向けた強化合宿が10日、川崎重工スタジアムで始まった。同予選は当初4月6日に同スタジアムで開幕の予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため10日、同予選の延期が決定。新たな開催日は未定だが、小林和典監督は「一日でも多くこのチームで練習できることを前向きに捉えて試合に備えよう」と、今合宿でのチーム力の底上げを促した。

 合宿には代表候補選手20人が参加。主将のDF足立依鞠(駿河台大、岐阜各務野高出)ら県関係選手は11人が選ばれている。

 この日は雨天のた...    
<記事全文を読む>