五輪を一言では言えません。五輪に翻弄(ほんろう)されました。4度代表になりましたが、抱く感情は大会ごとに違います。

 初めて代表に選ばれたモスクワ五輪は出られなかった「怒り」。2回目のロサンゼルス五輪は銀メダルを取ったのに傷つけられた「哀しみ」。3回目のソウル五輪は強い選手たちの中で銀メダルを取れた「喜び」。4回目のバルセロナ五輪は大会に挑戦できるだけで「楽しみ」があった。

 小学校時代は体操少年。体が柔らかかった。野球では4番で、柔道もやっていた。中学では柔道だけに絞って全県優勝。高校で日本一にならないといけないと思い、強豪の天理高(奈良)...    
<記事全文を読む>