大相撲春場所(エディオンアリーナ大阪)2日目の9日、両横綱は明暗が分かれた。白鵬は大栄翔をすくい投げで退けて2連勝としたが、鶴竜は小結北勝富士に送り倒され、早くも土がついた。一人大関の貴景勝も隠岐の海の上手投げに屈して初黒星。

 大関昇進を目指す関脇朝乃山は先場所で幕尻優勝の徳勝龍を上手出し投げで下し、元大関の高安をすくい投げで倒した関脇正代とともに2連勝。

 東前頭3枚目の豊山(新潟市北区出身)は小結遠藤に押し出しで敗れた。

...    
<記事全文を読む>