東京五輪聖火リレーについて、群馬県は9日、東京五輪・パラリンピック組織委員会が決めた県選考分のランナー44人が走る15市町村の割り振りを公表した。

 日本人初の冬季五輪メダリストで幼少期を旧富士見村(前橋市)で過ごした猪谷千春さん(88)は同市、太田市に本拠地のあるパナソニックワイルドナイツ所属の堀江翔太選手(34)は同市などと、多くはゆかりのある市町村やその近隣に割り振った。PRランナーでタレントの中山秀征さん(52)は高崎市、井森美幸さん(51)は富岡市をそれぞれ走る。

 スポンサー枠のランナーも含めた計173人の走順は、開催の2週間前に大会組織委の報道向け...    
<記事全文を読む>