昨年春場所で初土俵を踏んだ東三段目95枚目の藪ケ崎(兵庫県姫路市出身)は、粘る相手をすくい投げで破り、白星発進。「先場所初めて負け越して、めちゃくちゃ悔しかった。絶対勝つと気合でいった」と喜んだ。

 姫路の相撲教室「亀浜道場」に通い、姫路灘中時代は全国中学校体育大会に出場。名門の鳥取城北高に進み、満を持して山響部屋に入門した。「社会人1年目として上下関係や礼儀、あいさつを学んできた」と話す。

 186センチ、155キロと堂々たる体格。得意の押し相撲と左四つで番付を上げてきたが、今年7月に成人を迎える藪ケ崎は「まだ、じゃなくもう20歳」と成長曲線に満足しない。しこ...    
<記事全文を読む>