ボクシングの東京五輪アジア・オセアニア予選は8日、アンマンで行われ、勝てば五輪出場決定だった男子ウエルター級の岡沢セオン(鹿児島県体協・日大山形高出)は準々決勝でクリシャン・ビカス(インド)に0―5の判定で敗れ、9日以降の5位決定トーナメントに回った。今予選で同級の五輪出場枠は5。

 24歳の岡沢はリオデジャネイロ五輪ミドル級ベスト8のビカスに対し、右リードブローを主体に攻めたが、相手のガードを思うように崩せなかった。

判定0―5、劣勢はね返せず―準々決勝
 僅差が積み重なった結果は0―5の判定。岡沢は結果を聞く前から相手をたたえる...    
<記事全文を読む>