一日から五日の五日間にわたり、国際自転車競技連合(UCI)公認の国際レース「ツール・ド・台湾」が開催された。

 宇都宮ブリッツェンは、二月の「ツール・ド・ランカウイ」に続き、今季二戦目として同レースに出場。東京五輪出場を目指す増田成幸選手が、代表選考に必要なUCIポイントを大量に獲得することを目標に臨んだ。

 しかし、ツール・ド・ランカウイで落車に巻き込まれ負傷した増田選手は回復途上ということもあり、勝負どころとなる二日の第二ステージで五位に入る活躍は見せたもののタイムは奪えず。最終的に個人総合時間で二十四位に終わり、UCIポイントを三ポイント獲得するにとどまっ...    
<記事全文を読む>