全日本柔道連盟(全柔連)は6日、感染拡大する新型コロナウイルスの対策委員会を東京・講道館で開き、東京五輪代表最終選考会として4月4、5日に福岡市の福岡国際センターである全日本選抜体重別選手権(主催・全柔連、共催・九州柔道協会、西日本新聞社)の無観客開催を決めた。同選手権が無観客で開催されるのは初めて。

 柔道の五輪代表は男女13階級が決まっており、丸山城志郎(ミキハウス)と阿部一二三(日体大)が競り合う男子66キロ級だけが決まっていない。

 女子48キロ級の古賀若菜(福岡・南筑高)は来週から進学先の山梨学院大で練習する予定。無観客開催の報を聞き「会場に来られない...    
<記事全文を読む>