県内広域を舞台とする自転車ロードレースの国際大会「第4回ツール・ド・とちぎ」実行委員会は5日、県庁で記者会見を開き、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため20~22日の同大会を無観客で実施すると発表した。関連イベントは全て中止し、発着点付近やコース沿道での応援についても自粛を呼び掛けるという。

 約100人の応募があった初日の個人タイムトライアル一般部門も中止を決定。発着点会場などで実施予定だったパブリックビューイングやグルメブースなどのイベントは行わず、表彰式も一般公開しない。レースはインターネットメディアで生配信される。実行委の喜谷辰夫(きだにたつお)会長は「公道での観...    
<記事全文を読む>