初の自国開催となった昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)で、過去最高の8強入りを果たした日本代表。その躍進ぶりはスローガンの「ワンチーム」とともに広がり、社会現象になった。「世界三大スポーツイベント」とされる同大会を成功裏に終えられたのは、全国各地で下支えしたボランティアの力だ。東京五輪・パラリンピックへ向けて学ぶことは多い。

...    
<記事全文を読む>