柔道男子66キロ級の丸山城志郎(ミキハウス)と阿部一二三(日体大)が東京五輪代表を懸けて出場する全日本選抜体重別選手権(4月4、5日・福岡国際センター)の組み合わせ抽選会が5日、福岡市内で行われた。

 同級は昨年の世界選手権を制した丸山が第1シード、阿部一が第2シードになり、ともに順当に勝ち進めば決勝でぶつかる。東京五輪代表は男女13階級で決まっており、残りは同級のみ。東京五輪代表に決まった選手は出場しない。

 全日本柔道連盟(全柔連)は新型コロナウイルス感染拡大を考慮し、今大会の開催の可否や無観客試合などを検討。6日の対策委員会で結論を出す見通しだ。

<...    
<記事全文を読む>