【宮古島】4月19日開催予定の「第36回全日本トライアスロン宮古島大会」(主催・宮古島市、琉球新報社)の大会実行委員会臨時総会が2日、宮古島市平良のJTAドーム宮古島で開かれ、新型コロナウイルスの影響を考慮し大会の中止を正式決定した。実行委員会会長を務める下地敏彦市長は「誠に残念。現時点で終息の見通しも立っておらず、アスリートや市民の安心安全を優先するために中止の判断をせざるを得ない」と述べた。

 実行委によると、同大会が中止になるのは初めて。事務局は、出場予定の選手が納付した参加費について全額返還すること、今大会で年齢上限の65歳を迎える出場選手については、特例で次回大会...    
<記事全文を読む>