個人は宮本ら5人 表彰式は中止
 高知県スポーツ協会(青木章泰会長)はこのほど、高知県のスポーツ振興に功績のあった個人、団体に贈る2019年高知県スポーツ協会賞を発表した。各競技団体の推薦を基に選考。計127件の個人、団体が受賞した。

 「最優秀」の団体にはソフトボールの国体少年男子高知県チーム、個人は飛び込みの宮本葉月(近大)、山崎佳蓮(高知商業高校)、レスリングの清岡幸大郎、清岡もえ(以上南高校)、小玉彩天奈(早大)が選ばれた。

 競技団体などで高知県スポーツの発展に尽力した人に贈られる「功労賞」は高知県バスケットボール協会の中村...    
<記事全文を読む>