新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、スポーツ界でも大規模イベントの自粛が相次ぐ中、学生スポーツの全国大会も次々と中止に追い込まれている。

3月中・下旬に各地で開催予定だった全国高校選抜大会や全国高校選手権大会も中止の発表が相次ぐ。29日もレスリング、バドミントンの大会中止が決まった。一方で、団体戦中止が決まったテニスは、全米オープンジュニアの予選を兼ねる個人戦実施の可能性を模索する。

小・中学校の全国レベルの大会も同様。3月25日に富山県で開幕予定だった春の全国中学生ハンドボール選手権、伊勢市で3月26日開幕予定の都道府県対抗全日本中学生ソフトテニス大会なども...    
<記事全文を読む>