8月6~9日に札幌市内で開催する予定だった東京五輪のマラソン・競歩が1年程度延期となり、この時期を避けて開催日程を変更した札幌市中心部のイベント関係者は「今更元に戻せないし、開催できるか見通せないし、来年の開催にも影響しかねない」と“三重の悩み”に頭を痛めている。

 北3条広場(アカプラ)などで盆踊りや縁日が開かれる「さっぽろ八月祭」は例年8月上旬だった日程を前倒して7月17、18日の開催を目指している。音楽家大友良英さん率いるバンドの生演奏が目玉で、事務局は「一度決めた日程なので、このまま開催する方針。出演者のスケジュールも既に抑えており、五輪が延...    
<記事全文を読む>