東京五輪・パラリンピックの1年程度の延期が決まったことを受け、道は五輪関連の事業費を盛り込み、25日の道議会で可決された2020年度予算の見直しを迫られる。札幌で開催される見通しのマラソンコース近くにある道庁赤れんが庁舎の改修工事は、競技に合わせた日程を組んでいたが、延期すれば事業費増が避けられそうになく、厳しい判断となりそうだ。

 「工事のスケジュール調整の可能性などについて精査したいが、今の時点でこうしますとは言えない」。鈴木直道知事は同日の記者会見で、突然の開催延期への戸惑いを見せた。

...    
<記事全文を読む>