東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗元首相は24日夜、東京五輪が1年程度延期された場合でも、マラソンと競歩は札幌で行うとの見通しを示した。東京都内での記者会見で「大きなフレームは変わらないし、変えてはいけない」と明言した。

 橋本聖子五輪相も「現段階では変更になるといったことは考えられない」と都内で記者団に述べた。両氏は安倍晋三首相と国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長との電話会談に同席した。政府高官も「札幌開催は予定通り」と語った。

...    
<記事全文を読む>