東京五輪代表選考会を兼ねた陸上の全日本競歩能美大会は15日、石川県能美市の日本陸連公認コースで行われ、20キロの女子は20歳で昨年の世界選手権7位の藤井菜々子(エディオン)が1時間33分20秒で初制覇し、初の五輪代表入りを決めた。岡田久美子(ビックカメラ)に続く2人目の決定。20キロの男子は21歳の池田向希(東洋大)が1時間18分22秒で初優勝して日本陸連が定めた条件を満たし、初の五輪代表に決まった。

 藤井は5キロ付近で先頭に立ち、残り3キロから独り旅。世界選手権7位の貫禄を示した優勝でも、ゴール後はめったに見せない涙がにじんだ。「1月に(右脚)をけがしてから苦しくて。多...    
<記事全文を読む>