東京五輪代表選考会を兼ねた陸上の全日本競歩能美大会は15日、石川県能美市の日本陸連公認コースで行われ、20キロの男子は21歳の池田向希(東洋大)が1時間18分22秒で初優勝して五輪代表に決まった。高橋英輝(富士通、花巻北高-岩手大)が2位、50キロの代表に決まっている鈴木雄介(ともに富士通)は3位だった。

 女子は藤井菜々子(エディオン)らが出場。

(タイムは速報値)

...    
<記事全文を読む>