東京五輪代表選考会を兼ねる全日本競歩能美大会(15日・石川県能美市)に出場する男女の有力5選手が14日、同県小松市内で会見し、女子20キロでは藤井菜々子(エディオン)=福岡県那珂川市出身=が優勝に狙いを定めた。

 派遣設定記録を突破している選手が優勝すれば代表に決まる。昨秋の世界選手権(ドーハ)で7位入賞した20歳は既に派遣設定記録をクリア。1月に痛めた右脚も順調に回復し、記録は狙わず勝負に徹し、確実に代表切符をつかむ。

 優勝すれば五輪出場。自己記録では他の選手より2分以上も上回っている藤井が負けるわけにはいかない。「記録を狙うというよりも、確実に優勝するレー...    
<記事全文を読む>