陸上の東京五輪代表選考会を兼ねた全日本競歩能美大会は15日、石川県能美市の日本陸連公認コース(往復1キロ)で行われる。男子20キロの高橋英輝(富士通、花巻北高―岩手大)が2大会連続の五輪切符を懸け、最後の選考レースに挑む。

 優勝すれば五輪出場が決まる高橋のライバルは先月の日本選手権2位の池田向希(東洋大)。3大会連続五輪出場を目指す藤沢勇(ALSOK)や50キロの五輪代表に決まっている20キロ世界記録保持者の鈴木雄介(富士通)も強い。

...    
<記事全文を読む>