昨年ドーハで開かれた陸上の世界選手権男子走り高跳び代表の佐藤凌(25)=秋葉中出=が、新潟アルビレックスRCに加入したことが11日分かった。新たな所属先で東京五輪出場とメダル獲得を目指す。

 佐藤は所属していた東日印刷を1月末で退社。より競技に専念できる環境を求め、3月1日付でアルビRCと契約した。練習はこれまで通り出身校の東海大や味の素ナショナルトレーニングセンター(東京都北区)で行う。183センチ64キロ。自己ベストは2メートル27。

 東京五輪の代表選考の基準となる世界ランキングは現在27位につける。日本人では3番目。全体で32位以内を...    
<記事全文を読む>