■名古屋ウィメンズマラソン

 ニューヒロインが最後の1枠を勝ち取った。東京五輪女子代表選考会を兼ねた名古屋ウィメンズマラソンは8日、ナゴヤドーム発着で行われ、一山麻緒(ワコール)=鹿児島県出水市出身=が日本歴代4位の2時間20分29秒で優勝した。1月の大阪国際を制した松田瑞生(ダイハツ)の2時間21分47秒を切って条件を満たし、九州出身では1988年ソウル大会の荒木久美(福岡県小郡市出身)以来となる五輪代表に決定。昨年3月のマラソンデビューから1年で4度目のレースに臨んで勝ったタフな22歳が、女子で4大会ぶりのメダルに挑む。(スタート時=雨、気温9・1度、湿度88%、北の風0...    
<記事全文を読む>