大津市御陵町の皇子山陸上競技場を発着点に、八日開かれたびわ湖毎日マラソン。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、主催者が沿道の応援自粛を呼び掛ける中、例年より観客の少ないレースとなった。

 主催する日本陸上競技連盟や県などは、沿道や競技場での応援自粛を呼び掛けたほか、例年は実施する小学生の記録会を中止。表彰式も縮小するなどの対応を取った。

 雨天の影響もあり、競技場の観客はわずか。それでも五輪代表を決める重要な一戦で、沿道を訪れるファンの姿も。「がんばれ」「オリンピックに行こう」と声援を送っていた。

 大学生の次男(21)を応援しようと富山県から競技...    
<記事全文を読む>