名古屋ウィメンズマラソン2020(日本陸上競技連盟、中日新聞社共催)など二大会が開催される八日、名古屋市中心部で最大七時間の交通規制が実施される。

 大会はホイールチェアマラソンが午前九時、ウィメンズマラソンがその十分後にスタートする。フルマラソンの発着地になるナゴヤドーム(名古屋市東区)付近は、午前六時から午後零時四十分ごろまで通行止め。環状線や桜通、伏見通などの幹線道路もランナーが通過する午前から正午すぎにかけて規制される。名古屋高速は丸の内出入り口、白川出口、春岡出口が最大で二時間半閉鎖される。

 詳細はウィメンズマラソンのインターネット公式サイトで確認で...    
<記事全文を読む>