陸上競技で昨年、特に目覚ましい活躍を見せた県内選手をたたえる第九回中日新聞・日刊県民福井アスリート大賞(福井陸上競技協会共催)の受賞者が決まり、十月の茨城国体で成年男子800メートルを制した林貴裕選手(順天堂大四年)がアスリート賞に選ばれた。

 国際大会で優秀な成績を挙げるか主要な国内大会で抜群の成績を収めた選手に贈る大賞は該当者がいなかったが、大賞にほぼ準じる基準でアスリート賞を選考した。

 全国大会で上位入賞するなど将来を嘱望される中高生選手が対象のホープ賞には、女子走り高跳びの大崎真奈選手(坂井市春江中三年)と男子短距離の山口凜也、宇野勝翔(しょうと)の両...    
<記事全文を読む>