東京五輪男子代表の残り1枠を争う東京マラソンは1日、東京都庁前から東京駅前のコースで行われ、大迫傑(ナイキ)が2時間5分29秒の日本新記録で4位に入り、代表入りを有力にした。最終選考会となる8日のびわ湖毎日マラソンでさらに速い選手が出なければ大迫が代表に決まる。

 28歳の大迫は2018年10月にシカゴで出した自身の日本記録を21秒更新。日本実業団陸上競技連合から2度目となる1億円の報奨金を獲得した。ビルハヌ・レゲセ(エチオピア)が2時間4分15秒で2連覇を達成した。

 高久龍(ヤクルト)が日本歴代4位の2時間6分45秒で8位、上門大祐(大塚製薬)が同6位の2時...    
<記事全文を読む>