バスケットボール男子・Bリーグ2部東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは30日、センターのジョルジー・ゴロマン(23)と双方合意の上で契約を解除したと発表した。新型コロナウイルスの影響で母国のハンガリーに一時帰国しており、今季リーグ戦の中止を受け決まった。

 米プロバスケットボールNBAのGリーグ、Bリーグ1部の横浜を経て1月に加入した。一時肺気胸のため離脱したが、得点源となる活躍を見せた。契約解除は28日付で、リーグの自由交渉選手リストに公示された。チームを通じ「このような形でのお別れとなってしまいましたが、皆さんに感謝をお伝えしたいです」などとコメントした。

...    
<記事全文を読む>