〈3月28日〉新型コロナウイルスの感染拡大を受け、前日に今季の残り全試合の中止が決まり、アオーレ長岡でミーティングを行った。球団の小菅学社長が「シーズン途中だったが、それぞれ頑張ってくれてありがとう」とねぎらった。

 ミーティング後は全員でアオーレのコートを清掃した。選手らがモップやぞうきんをかけ、バスケットのボードを拭いた。最近はリーグ戦再開に備え、アオーレで練習を重ねてきただけに池田は「こういう状況の中でも使わせてもらった。日ごろの感謝を込めて掃除した」と感慨深そうに語った。

 リーグ戦が終わり、今季のチームとしての活動は一区切り。庄司監督は「今季はタフなシ...    
<記事全文を読む>