レバンガ北海道は27日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で今季のBリーグが打ち切りになったことを受け、横田陽最高経営責任者(CEO)が札幌市内で記者会見を開いた。リーグ戦全60試合のうち20試合を消化できなかったが、横田CEOは「リーグとして熟慮した結果。選手、スタッフの安全を優先したのは妥当な判断だと思う」と冷静に受け止めた。

 一方、横田CEOは今季限りでの引退を表明している折茂について、「個人的には、このような形で最後のシーズンを終えさせたくなかった」と悔しさをにじませた。

 6月にレバンガ主催の引退試合を予定し、関連イベントの費用をインターネットを通じて...    
<記事全文を読む>