バスケットボール女子Wリーグの新潟アルビレックスBBラビッツは26日、新監督に県バスケ協会会長の大滝和雄氏(74)が就任すると発表した。

 大滝氏は新潟市秋葉区出身。新大卒業後、高田女高(現上越高)や男子の新潟工高などで監督を務めた。新潟工高では全国高校総体に11回、全国高校選抜優勝大会に8回出場し、計2回の3位。教員退職後は新潟経営大や新潟医福大で監督を歴任した。

 大滝氏は、昨年就任した県協会長を兼ねながら指揮を執る考え。球団を通じ「重責を果たせるのか不安な気持ちだが、泣き言ばかり並べてはいられない。小川忠晴前監督の財産を引き継ぎながら私...    
<記事全文を読む>