レバンガ北海道は20日、センター兼パワーフォワードのケネディ・ミークス(25)が、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、自身と家族の健康を優先することを理由に、19日付けで退団した発表した。ミークスからの申し出により双方合意の上、契約解除となった。

 米国出身で、今季加入。出場した31試合の全てで先発し、1試合平均21得点、同10・9リバウンドと、主力として活躍した。14、15日のアウェー川崎戦に帯同していたが、14日の試合開始直前に発熱してベンチを外れ、同日の試合は中止になった。体調は回復したものの15日以降、チームの活動には参加していなかった。

...    
<記事全文を読む>