Bリーグが新型コロナウイルスの感染拡大で、無観客でのリーグ戦再開から一転し再度中断を決めた。B1新潟アルビレックスBBの五十嵐は18日、取材に応じ「(感染を)不安に思う選手、この先どうなるのかと思う選手は多かった。その中で試合をやることがいいことなのか、正直分からない部分があった」と胸中を明かした。

 リーグは2月末から11日までの試合を延期して一時中断。14、15日に無観客で再開した。ただ、14日に北海道の3選手、15日には審判員に発熱があり、2試合が中止になった。新潟は琉球と連戦し、五十嵐は「14日の試合が終わった時、次の日にやるのかも分からなかった。みんなに...    
<記事全文を読む>