バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の秋田ノーザンハピネッツは18日、4月1日までのリーグ戦中止を受け、チームミーティングを開いた。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、リーグは約3週間の休止期間を経て14日から無観客で再開した。だが選手や審判員に体調不良者が出たため、2試合が直前で中止された。17日の臨時実行委員で、4月1日までのB1と2部(B2)の計95試合の中止を決めた。先行きが見通せない状況が続いている。

 18日午前10時、ハピネッツ社の事務所が入る秋田ノーザンゲートスクエアで、水野勇気社長が選手とスタッフに向け、リーグの現...    
<記事全文を読む>