新型コロナウイルスの感染拡大を受けてリーグ戦を約2週間中止し、14日から試合を無観客で再開したバスケットボール男子のBリーグは17日、臨時実行委員会を開き、20日から4月1日までに予定されている1部(B1)と2部(B2)の計95試合の中止を決めた。

 B2東地区の群馬クレインサンダーズは20日の茨城戦(茨城・つくばカピオアリーナ)から4月1日の福島戦(ヤマト市民体育館前橋)まで5試合が中止となり、次戦は同月4日の福島戦(同)を予定する。サンダーズの北川裕崇社長は「選手やスタッフの心理的負担を減らすためにも時間が必要だった。真摯(しんし)に受け止める」と理解を示した...    
<記事全文を読む>