バスケットボール男子のBリーグは17日、臨時実行委員会を開き、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、20日から4月1日までに予定していたB1、B2の計95試合の中止を決めた。B2の信州ブレイブウォリアーズは、松本市総合体育館で20、21日に予定していた越谷戦を含む計5試合が対象。中地区首位の信州は2位の西宮に11ゲーム差をつけており、4月に予定されている残り8試合で全敗しても勝率で上回られないため、2季連続優勝が確定した。

 信州はB2初優勝を果たした昨季に続き、勝久マイケル監督が指揮。B2最少の1試合平均失点の堅守を武器に連敗は1度だけで、前節は西宮に2連勝して通算40勝...    
<記事全文を読む>