バスケットボールB1第28節は15日、各地で8試合を行った。千葉県船橋市の船橋アリーナで予定されていた宇都宮ブレックス-千葉の第2戦は審判員の1人が会場入り前の検温で37・5度の発熱が確認されたことを受け、試合開始予定時刻から約1時間後の午後4時ごろに中止が決まった。リーグ再開後の試合中止は14日のB1川崎-北海道戦に続き2日連続となった。

 Bリーグによると、ブレックス-千葉の第1、2戦を担当した審判は日本バスケットボール協会(JBA)所属の3人で、いずれも男性。発熱が確認された審判は別施設に隔離された。15日朝の検温では平熱だったという。新型コロナウイルスの感染拡大によ...    
<記事全文を読む>