バスケットボール男子のB2は15日、長野市ホワイトリングなどで第28節の9試合を行い、中地区首位の信州ブレイブウォリアーズは同2位の西宮に78―72で競り勝った。信州は9連勝とし、中地区優勝へのマジックナンバーを2に減らした。早ければ次節にも2季連続の地区優勝が決まる。
 信州は第1クオーター(Q)に3点シュート6本などで25得点を挙げ、7点をリードした。シュート成功率が落ちた第2Qで37―38と逆転を許したものの、第3Qにマクヘンリーを中心に25得点し、再逆転。第4Qは内角の守備の強度を高めて13失点に抑え、西宮の追い上げを許さなかった。
 西地区は広島が熊本を下...    
<記事全文を読む>