新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中断していたバスケットボール男子Bリーグは14日、無観客で試合を再開し、2部(B2)の群馬クレインサンダーズは14、15の両日、青森・八戸市東体育館で青森との第28節を迎える。群馬はレギュラーシーズン15試合を残して32勝13敗の東地区2位。首位仙台との2ゲーム差を逆転できるかが終盤戦の焦点だ。

 群馬は2月2日の第21節第2戦から23日の第24節終了まで7連勝し、中断期間に入った。佐藤文哉主将は「一つも落とせない試合が続いている。みんな自覚し、危機感を持ってプレーできた」と振り返る。

 中断期間は守備の確認に重点を置いた。失...    
<記事全文を読む>